オーダーメイドニットならknit-c(ニット・シィ)

profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最近書いた記事

カテゴリー

Kanna Toyohide

バナーを作成

ニットフルなひとときの動画





過去の記事

KIDS×KNIT(キッズ・ニット)通信5・6月号配信しました

こんにちは。knit-c(ニット・シィ)トヨヒデです。

心育む手作り教室KIDS×KNIT(キッズ・ニット)

手作り通信を配信しました。

 

手作りコラムから記事を抜粋します。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

きままにてづくりコラム

デザインする力を養うー制作編ー

 

 前回のコラムではデザインによって

子どもたちの問題解決能力を育てていく

というお話をしました。

今回は制作の過程で取組む姿勢についてのお話です。


 手芸というと、手芸の正しい技法と名前を覚える、

レシピ通りに完成させることを連想しますが、

当教室ではレシピ通りに完成させることより創造力を

発揮させたり自らのアイディアを具現化する

作業に重点を置いています。


 それはつまり応用力のある考え方が必要になってきます。

もちろん、制作の過程では基礎的な技法の習得は必然と

なりますが、あまり大人の先入観に囚われすぎないようにしています。


 例えば、色使い。動物などのモチーフを手芸で表現するときは、

目の色は黒、毛の色は茶色としてしまいがちですが、

せっかくいろんな色を楽しめるチャンスだから、

普段の色とは違う色を組み合わせて楽しんでみようと、提案します。


 時々ちぐはぐな感じになってしまっていても、

それは既成概念に囚われていない証拠。

私でも想像のつかない子どもならではの発想に出逢える瞬間は、

この教室をやっていてよかったなと、

こっそりと講師冥利に浸っています。


 アイディアを出したり、それらを具体的な結果まで

アウトプットすることは、手芸に関わらず社会で活動するときにも、

これからの子どもたちには大切なスキルだと考えています。

当教室で経験を重ねたことが子どもたちの自信となり、

子どもたちの希望ある未来のいしずえになれたら幸いと思います。

 

 

ここからPDFでダウンロードできます。

 

 

 

毎週土曜日10:00〜11:00
東京都町田市 和光大学ポプリホール鶴川

1ヶ月体験レッスン受付中

心育む手作り教室

KIDS×KNIT(キッズ・ニット)

 

 

主催しているイベント

が出店者募集を始めました。


コメント
コメントしてね♪