オーダーメイドニットならknit-c(ニット・シィ)

profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最近書いた記事

カテゴリー

Kanna Toyohide

バナーを作成

ニットフルなひとときの動画





過去の記事

裁縫とは気配りの教え

こんにちは
knit-c(ニット・シィ)、トヨヒデ カンナです。

先日の新聞記事に目を引く見出しがありました。
「裁縫とは気配りの教え」

美容アドバイザーの佐伯チズさんの記事で
チズさんが小学生のころから母から裁縫を習い、
今でもスパンコールなどTシャツをアレンジして
裁縫を楽しんでいるという内容です。

その中で印象的だったのが
佐伯チズさんが子どもの頃、
「縫い目がバラバラになるのは心が乱れているからよ。
使う人のことを考えて気を配りなさい。」
と、お母さんからたしなめられた言葉でした。

改めてハッとさせられる言葉でした。
私が手作りで仕事をしたいと思っていたころは、
「自分のデザインを知って欲しい」
「自分の作品を広めたい」
自分中心の自分よがりな考え方ばかりでした。。

オーダーニットを受けるようになって、
お客さまとのやりとりから、学んだ事は

私のセンスは?かって"くれているけど、
買いたいのは私がデザインしたものではない。

ということでした。
こんなことをいうと「諦め」のように聞こえますが、
はたしてそうでしょうか。
例えばオーダーニットであれば、
殆どのお客様はお会いした事もない方達です。
その方達が信頼してオーダーして、
適正な価格を支払っていただき、何ヶ月も待って
喜んで作ったニットを着ていただく。
これほど作り手冥利になることはあるでしょうか。

今は秋冬の編み物本のニットの仕上げをしています。
編み物本の制作に関しても、編集者の意向、
読者のターゲットによって作風を変えます。

編み物本の作品作りに関しても、
「トヨヒデカンナらしさ」は必要ないと思っています。
必要なのは読者が「かわいい!編みたい!」と
思ってもらえるコンテンツのみ!

こんなにも強く思うのは、
本来の私は自分の作品を作って
自分の世界に浸るのが好きな人だからかな〜とも感じます。
折に触れて今回の新聞記事のような内容を思い返して、
「使う人の事を考えて作る手作り」
を再認識していきたいです。


手作りで仕事づくりメールセミナー
手作りで仕事をするための情報配信中
モチベーションアップにも

今の季節にピッタリ♪knit-cデザイン小物掲載本
かぎ針編みのちっちゃなアクセサリー&髪かざり/河出書房新社

¥1,260

私の著作本もよろしく音譜
恋も仕事もハッピーに。編んで運気をあげよう編み物セラピー 冬糸バッグ/トヨヒデカンナ

¥980

コメント
コメントしてね♪